Hello, this is Yos. / 線路端二居リマス

常磐線全線で運転再開

2020.03.14 線路端 茨城 常磐線 土浦駅 ひたち3号


△ 常磐線 2003M 特急ひたち3号、仙台行。クハE657-14ほか、土浦駅構内。[2020-03, 茨城県土浦市]

桜川を渡り土浦駅に進入するダイヤ改正初日の仙台行特急ひたち一番列車です。


常磐線全線で運転再開


2020年3月14日のJRダイヤ改正が行われました。 東海道新幹線から700系が引退しN700A形式で統一されることにより、「のぞみ」の運転時間が短縮され列車本数も増発されます。 山手線で49年ぶりとなる新駅「高輪ゲートウェイ駅」の開業、中央線・総武線の輸送体系の見直しや、JR北海道の「快速エアポート」増発など、 話題の多いダイヤ改正日を迎えました。

常磐線では、2011年3月11日の震災と原発事故から9年を経て全線が復旧し、品川-仙台間で特急が運転を再開しました。 最後まで不通区間として残ったのは、原発災害の影響が大きかった富岡-浪江間です。 ダイヤ改正後、この区間では普通列車11往復、特急列車3往復(東京・上野から仙台に直通)が運行されます。

ダイヤ改正初日の土浦駅に行き、運転再開後の最初の仙台行特急となるひたち3号を、写真に収めました。


△ 土浦駅改札の行き先表示。[2020-03, 茨城県土浦市]

久しぶりに目にする仙台行の表示です。 ひたち3号は上野駅を8:00に出発し仙台駅には12:31に到着します。表定速度は80.5km/hです。


△ 常磐線 2003M 特急ひたち3号、仙台行。クハE656-14(後追い)、土浦駅構内。[2020-03, 茨城県土浦市]

降り始めた冷たい雨の中、多くの人たちに送られて仙台を目指しました。

震災前には札幌-墨田川間の長距離貨物列車の一部も常磐線経由で運転されていたので、貨物列車の運用が今後どうなるかなどについても見ていきたいと思います。


20160403_1,▽ 不通区間を代行バスで旅行した時の記事はこちらから


なお常磐線では同日付で、臨時駅「Jヴィレッジ」が常設駅に変更、「佐貫駅」が「龍ケ崎市駅」に改称されました。