Hello, this is Yos. / 線路端二居リマス

姨捨駅と313系みすず

2021.02.23 線路端 長野 篠ノ井線 スイッチバック みすず 313系


△ 篠ノ井線 3525M みすず、天竜峡発長野行。クモハ313-1701(海シンB151編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]

JR東海神領車両区(海シン)の車両で運転する「みすず」が姨捨駅に到着します。


姨捨駅と313系みすず


みすずは飯田線から中央本線、篠ノ井線、信越本線を通って長野駅まで運転される快速(普通)列車につけられた名称です。 このページで紹介する列車3525Mは、姨捨を訪ねた2012年当時運転されていた列車で、飯田線の天竜峡駅を213Mとして6:23に出発し、岡谷駅で進行方向を変えて3525M「みすず」となる松本経由長野行の普通電車です。 みすずという列車名が付いていますが普通電車なので、他の普通電車と同じように姨捨駅でスイッチバックし、特急の通過を待って長野に向かいます。 旅情をそそる転換クロスシートを装備したJR東海の313系電車で運転されていましたが、2013年3月のダイヤ改正以降、313系の篠ノ井線での運用はなくなりました。

313系みすずの姨捨駅到着から出発まで、スイッチバックの様子をまとめてみました。


△ 篠ノ井線 3525M みすず、天竜峡発長野行。クモハ313-1701(海シンB151編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]


△ 篠ノ井線 3525M みすず、天竜峡発長野行。クハ312-407(後追い)(海シンB151編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]

姨捨駅1番線に到着したみすず。


△ 篠ノ井線 1008M 特急ワイドビューしなの8号, 長野発名古屋行。クロ383-5(後追い)(海シンA5編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]

みすずが停車している間に、特急しなのが本線を通過します。


△ 篠ノ井線 1008M 特急ワイドビューしなの8号, 長野発名古屋行。クロ383-5(後追い)(海シンA5編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]


△ 篠ノ井線 3525M みすず、天竜峡発長野行。クハ312-407(推進)(海シンB151編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]

特急しなのが通過後、出発信号を確認して推進運転で引き上げ線に向かいます。


△ 篠ノ井線 3525M みすず、天竜峡発長野行。クハ312-407(推進)(海シンB151編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]


△ 篠ノ井線 3525M みすず、天竜峡発長野行。クモハ313-1701(推進、後追い)(海シンB151編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]


△ 篠ノ井線 3525M みすず、天竜峡発長野行。クモハ313-1701(推進、後追い)(海シンB151編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]


△ 篠ノ井線 3525M みすず、天竜峡発長野行。クモハ313-1701(推進、後追い)(海シンB151編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]


△ 篠ノ井線 3525M みすず、天竜峡発長野行。クモハ313-1701(海シンB151編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]

引き上げ線で停止。


△ 篠ノ井線 3525M みすず、天竜峡発長野行。クモハ313-1701(海シンB151編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]

分岐が下り本線側に開通しました。


△ 篠ノ井線 3525M みすず、天竜峡発長野行。クモハ313-1701(海シンB151編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]

引き上げ線から本線に出て長野に向かいます。


△ 篠ノ井線 3525M みすず、天竜峡発長野行。クモハ313-1701(海シンB151編成)、姨捨。[2012.09、長野県千曲市]

本線に出てすぐ下り勾配になります。


△ 姨捨駅1番線ホームから。[2012.09、長野県千曲市]